楽しく英語を学ぶためには|英会話スクール選びが取っても大切

小学校で皆が平等に学べる

先生と生徒

海外旅行でも役に立つ

これまで中学校から習っていた英語は、2018年の4月から小学生から学ぶように義務化がされます。まず、小学校でこれから学ぶことになる英語教育には、実践的な英語を学ぶという目的があります。英語を聞く耳は、大人よりも子どものほうが得意とも言われており、とくに、「L」と「R」の発音のように日本人が聞き取りにくい音も、早くから慣れることで聞き分けられるようになるのだそうです。人間の脳には臨界期という時期があり、これは脳の発達が一番盛んな時期のことを表しますが、9歳から10歳までの時期が当てはまります。このことからも言語の習得は早いほうが良いとされています。また、小学生は間違いを恥ずかしがらずに学んでいけるという特徴もあります。恥ずかしがって英語を話せない大人に比べ、積極的に間違いながらも学んでいけるというは大きな武器になります。中学校での英語の授業は原則英語で行われるようなので、日ごろから耳を慣らしておくことは重要なポイントです。英語教育を行うことでコミュニケーション能力が向上したという小学校もあるので、将来抵抗を感じずに海外の人と話すこともできそうです。このように、小学生のうちから学んだ経験を作っておくことで、大人になってからの英語の学習がスムーズにいくといったメリットもあるのです。最近では、小学生を対象にした英会話教室も沢山あるので、無料レッスンなどに参加して、いくつかの教室を比較した上で教室選びを行ないましょう。

Copyright© 2017 楽しく英語を学ぶためには|英会話スクール選びが取っても大切 All Rights Reserved.